姉汁 2005年11月12日
姉汁 〜白川三姉妹におまかせ〜(アトリエかぐや) 体験版
ダウンロードサイズ:182MB
シナリオライター:もみあげルパンR、神無月ニトロ、近江達裕、速水漣
原画家:choco chip
声優:一色ヒカル、篁瑞帆、まきいづみ
http://www.a-kaguya.com/

『姉汁』の体験版では、プロローグが一通りと、各ヒロインとの初日のイベントが体験出来ます。エロシーンは三姉妹にそれぞれ2つから4つ用意。Hシーンの次にまたHシーンと、休みなくエロシーンが押し寄せてきます。プロローグからいきなりです。流石はアトリエかぐや、清々しいくらい抜きゲーしてますよ。それこそ和姦エロゲームとしてなら、体験版の内容だけで他を圧倒する程のエロさです。

『姉汁』はその名の示す通り、『妹汁』の基本設定を忠実に受け継いだ内容となってます。不運にも呪いをかけられた主人公。呪いを解く為には、何本かのビンを女性の愛液で満たさなくてはならない。さもなくば災厄に見舞われてしまうだろう、と、そんなトンデモ設定。

姉達にバレないよう、慎重に汁を集めようとすれば、当然のごとく、覗きや下着泥棒じみた行為も余儀なくされる訳で(そうなのか?)。主人公にとっては真剣でも、やってる事は愛液の採集でしかない訳で。きっぱり馬鹿ゲーと思って差し支えないかと。そもそもアトリエかぐやゲーに付随するストーリーなんてものは、エロシチュを作る為のものに過ぎません。ストーリーなんか、エロシーンまでの繋ぎだと、シチュエーションの一部だと割り切ってしまうのが楽かと思います。

全ての選択肢を回収、音声も飛ばさず聞いたとして、体験版のプレイ時間は2時間前後。フルボイス、フルサウンド。生粋のエロゲームらしく、イベントCGはエロ関連のみ。実に画面半分を占める立ち絵の大きさが特徴といえば特徴。仕草等の動きが少ない分、ころころと表情が変わります。次女の引きつり笑いと、三女の赤面具合が溜まらなく魅力的。choco chip絵師は、また一段と腕を上げましたね。

エロシーンの内容は、手コキにフェラにパイズリに本番とありきたりなものから、弟のパンツでオナニー、姉のショーツで包んで手コキ等、倒錯的なものまで揃ってます。ヒロインの中の1人が、『ナースにおまかせ!』からの続投だからか、ナース服限定でコスプレHもありました。体験版でこれですから、製品版のエロさの程は計り知れません。否応にも期待が高まるってものです。

システム面は過不足無し。アトリエかぐやゲーお馴染みの音声リピート無限システムも健在。更に追加要素(ですよね?)として、未読メッセージと既読メッセージの文字色が変更出来るようになってます。ややスキップの遅さが気になりますが、場所移動ヒロイン選択システムならば共通パートの量なんて高が知れてますし、わざわざ問題視するまでもないでしょう。

「3人の痴女(誉め言葉)と、エロ方面に順応性の強い主人公を揃えました!」
実の所、『姉汁』の紹介なんて、これだけで充分だと思ってます。エロで勝負のアトリエかぐやですからね。和姦エロエロ三昧に期待して、裏切られる事はまずありえないと信じてます。
posted by みるみる at 15:07 | 体験版
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。