やきたてクロワッサン(戯画) 体験版
ダウンロードサイズ:116MB(デモムービー含み)
シナリオライター:馬上勝久
原画家:泉りとる(little/りとる)
声優:真宮鈴、中瀬ひな、鳩野比奈、一色ヒカル、京極秋、榎津まお
http://www.web-giga.com/

これまた見事なまでに中身のない体験版だなあ。
ゲームを開始して最初に表示された“晴天の霹靂”なる言葉に、一度は「お、これは!」と前のめりの体勢になるも、すぐに落胆することになってしまいました。

何なんでしょうね、文章の硬さが全てを台無しにしてるのかな。とにかくテンポが悪いんですよ。表情パターンに乏しい立ちキャラ──体験版だからかもしれませんが──のせいもあって、読み進めるのが億劫で仕方ありませんでした。

これは正直やるだけ無駄というか、そもそも体験版を遊んだところで紹介ページのあらすじ──これも内容なんて無いも同然なんだけどね──以上のものなど何も見えてきません。
体験版を遊んで分かったことは唯一つ、典型的な“僕”キャラが主人公だということくらいでしょうか。自分のことを僕と呼ぶ、一見するからに気弱そうな主人公。とてもじゃないけど、私には感情移入できそうにありません。女性ユーザーならまだしも、男性ユーザーに受け入れられる主人公とは思えないんですけど、私の偏見かもしれませんし、それはまあいいとしましょう。

ちなみに体験版のプレイ時間は15分ほど、ほんのさわりの部分だけ遊べます。体験版に登場するヒロインは小雪、美月、悠花の3姉妹のみ。エロシーンは無し。フルボイス、フルサウンド。
システムは一通り揃っているようですが、バックログがホイールに未対応だったり、システムやログから右クリックでメイン画面に戻れなかったりと、操作性の面では不便なところもありました。
またシステムが重めで、Pen4 2GHzに1024MBメモリーを積んだメインPCでは快適に動作したものの、試しにPen3 800MHzに512MBのサブPCでも起動してみたところ、これが重いのなんの。テキストの表示に妙なウェイトがかかるわ、コントロールキーによるスキップが普通に読めるくらい遅いわで、ただでさえ悪いテンポに拍車がかかりました。
ですから、遊ぶ人のPCスペックによっては遊べたものではないと思われます。

もはや言うまでもないとは思いますけど、私は『やきたてクロワッサン』は回避しますし、他の人に勧めもしません。
posted by みるみる at 02:58 | 体験版
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。